社会共育の推進

かけがえのない地球、生命、時間

現代は、過去から受け継ぎ、未来から借り受ける共有資産です。

個人や組織が「社会を共に育む感性(社会共育)」を持つことで、

社会をはもっと良くなる

未来はもっと楽しくなる

「今この瞬間に、感性を大切に生きる人」が増えて、

心の豊かな社会ができる

志の高い起業家と共に、社会共育の事業の創出を支援します。

わたし と わたしたち を考える社会共育

わたし と わたしたち

ひとりひとりの豊かさがなければ、みんなの豊かさを考えることはできません

しかし、豊かさを考える方向を間違えれば、みんなの豊かさをも奪い、結果的にわたしは豊かにはなりません。

また、わたしたち のことばかり考えて、わたしが幸せでないことは、わたしたちは望みません。

この、わたし と わたしたち を考え、感性と共に一緒に生きる「今を育くむ」ことが、社会共育です。

わたしたち とは、現代を生きるすべての人と生命、そして過去や未来をも生きるすべてです。

すべては繋がり、すべては影響し合い、そして変化し続けます。

ひとりひとりが、感性を大切にし、生きるこの瞬間を意識し合えば、社会はもっとやさしくなれる。

社会共育で、わたし も わたしたち も。

社会共育起業家

ひとりで100の事業をするよりも、志の高い100人と一緒に活動をすれば、もっと社会は大きく変わる。

多くの会社を起業し事業を創出してきた中で、私はこのことに気づきました。

だから志の高い起業家を社会に増やしていきたいと考えています。

事業を通じて社会に貢献する

ベンチャー企業やNPOなど、もうその形態の垣根はありません。

それぞれの特性を活かし、社会に貢献できる活動を支援していきます。
 

講演・執筆の依頼