感性がある、感性がない

感性

この言葉を聞くと、自分にあるとかないとか、そういう0か1かの話題になる傾向にあります。

感性は、誰にでもあります。

そこに、優劣も、高低も、良い悪いも、何もありません。

ただただそこに、人それぞれに感性が存在するのです。

その存在する感性を、自分が受け止められるのか?

受け止められれば「感性がある」と感じ、受け止められなければ「感性がない」と感じるのです。

「感性がない」と感じる人は、人との比較としています。

だから、感性がないという人は、「感性と言えるほどの、感性を持ち合わせていない」という表現をしたいのかもしれません。

つまり、感性という言葉を使うほどの自信がない、のかもしれません。

 

感性

感性は、自己肯定感によって高まる

感性を高めたい

そう思う人は、たくさんいます。

しかし、「自分には感性など高められるはずがない」と思っている人が多くいるのも事実です。

 

「感性は高められるのか?」

その答えは、

誰でもいつからでも、感性は高められる

ということです。

 

感性は、相対的なものではなく、絶対的なものです。

だから、比較ではありません。

もし比較という言葉を用いるのであれば、自分の過去との比較はあるかもしれません。

小さい頃は、今より感性があっただろうけれど、大人になって感性が低くなった

 

もしそういう表現なら、誰しもが「そうかもしれない」と思うことでしょう。

自分にも感性があったはず、でも、感性を高められず今日に至ったので、「高められた人よりも相対的に低く感じている」のかもしれません。

 

だから、感性を語るほど、自分に自信が持てないのです。

自分の感覚を人に伝えた時に、その表現が稚拙だから恥ずかしい

そんな風に感性を閉じ込めてしまっていることは、とても多いのです。

自信がない、それはつまり、感性に関して自己肯定感が低いのです。

では、感性が高いと思っている人はどうでしょうか。

感性が実際に高いかどうかではなく、自分が感じたことは事実で、たとえ表現できなくともそれでいいと思えているのです。

つまり、自分から湧き出るものを認めているのです。

 

感性が、なぜ人によって異なるのか

人間に備わっている感覚を察知するセンサーはいくつかあります。

五感などもその1つですが、そうした感覚のセンサーは、いくらAI(人工知能)が発達したとしても、再現不可能です。

なぜなら、センサーの一部が開発できたとしても、感覚がどのように人の心に反応するかは、人によって異なるためです。

それが感情です。

 

感情は、情動というセンサーから伝えられる瞬間的情報と、それに対して自身の持つ既知情報(経験など)とが合わさって出来ます。

既知の情報がなければ、センサーから伝わってもそれに対して導き出される新しい情報がないため、行動には結びつきません。

しかし、既知の情報があれば、情動というセンサーから得た情報に対して結びつき、何かしらの行動へと結びつけるのです。

 

感性とは、こうした感覚と感情から導き出された性質(軸)のことです。

既知の情報が異なるので、人によって異なるのが当然なのです。

感情を作り出すことは既知の情報ですから、年を重ねることによって得る経験と共に感情は変化してゆきます。

感情もまた既知の情報へと変わりますので、すでに沸き起こった感情(既知の情報)と情動が結びついても、心の揺らぎは小さいのです。

ですから、日々、新しい情動が引き起こされるきっかけがあるほど、様々な軸が生まれるので、感性の質が高まり幅が広まるのです。

この新しい軸が生まれないと、同じ軸で判断するしかなくなるため、既知の情報(既知の感情)でしか判断せざるをえなくなります。

すると、感性が揺らぐことはほとんどなくなるのです。

人は環境の動物と言われていますから、慣れることで安心を得ようとする性質があり、自然と感性が揺らがなくなるようにできています。

 

感性の軸は、その人の行動(既知の情報)と紐付いています。

ですから、行動量がある人ほど、軸が広がり、人とは異なる感性(軸)が生まれるのです。

 

感性を高めるためには、感じるチカラを高める

感性を高めることは、実際には簡単なことです。

自分が持っている感覚を大切にするのです。

感覚の1つに、身体のセンサーとして五感と呼ばれるものがあります。

触覚、嗅覚、視覚、聴覚、味覚

毎日、これらの5つのセンサーを通じて、誰もが感覚を得ています。

その感覚に意識を向け、感覚から感じること1つ1つを大切にすれば、自然と感性は育つのです。

人が持っているこの5つのセンサーは、驚異的な感度を持っていて、コンピューターで解析することは不可能です。

人は視覚情報に委ねられていますが、触覚もまた、とても大きな働きをしています。

寒い暑いという、温度センサー
風や圧力を感じる、圧力センサー
湿気などを感じる、湿度センサー
痛みなどを伝える、痛覚センサー
などなど

でも、日々便利になる毎日では、エアコンが自動調整し、電子マネーになりお金に触ることがなくなり、手を出すだけの自動水栓になり・・・センサーを使うことがどんどん少なくなっています。

様々な化学調味料、砂糖に変わる果糖液糖や人工甘味料で舌を騙し続けています。

五感と感性とが、ほど遠く感じがするのであれば、少しその感性を疑ってみてはどうでしょうか。

美味しいという、味覚には嗅覚が含まれているように、五感でさえもMICE(漏れなくダブリがない)にはできないのです。

 

感性こそが、人生を豊かにし、社会を豊かにする

何年もの間、感性について探求してきました。

人材の感情や行動特性を測る検査の開発で、何十万人という人の特性情報を元に、数千人もの人の採用に携わり、人材育成として人が変わっていく現場を見つめてきました。

新卒から経営者まで、あらゆる人を見てきた中で、1つ言えることは、

感性こそが、人生を豊かにする

ということです。

もちろん感性だけでは、人生が豊かにならないこともあります。

でも、自らの感性の感じられていない人、感性を信じたくない人、感性を蔑ろにしている人・・・・もいますが、

感性がない・・・それではまるで、AI(人工知能)のようです。

 

資本主義偏向、学歴偏向主義の社会では、感性は必要ないとされていますので、そうした人が増えていることは残念ですが、

そうした人もまた、感性を持っているのですから、いつでも認識し育てていくことはできるはずです。

 

そしてこれから育つ子どもたちは、感性を持たない人工知能と共に仕事をしていくことになるのです。

感性のない子どもたちが大人になったら、人工知能には確実に負けてしまいます。

私たちは、感性を活かすために存在しているのです。

そして、感性を大切にする人が人生を豊かにできれば、きっと社会は豊かになると確信しています。

 

貧困も、戦争も、差別も、社会問題のすべては感性の欠如

私が目指す「社会共育」という概念の社会は、そうした感性を持つ人達が共に育む社会を作っている姿です。

そのためにはまず、ひとりひとりが感性に意識を向けることから始まります。

 

【ブログ】

感性のある暮らし、日々を彩る段取り - 子どもと家族と社会で感性を育む

講演・執筆の依頼