MENU

「感性で育まれる社会を創造する」をテーマに、ビジネスから子育てまで日々の中で、自身も感性と共に生きることを大切にしています。

名古屋で生まれ、18歳で上京し、25年の多数の起業やビジネスをして帰ってきました。

感性に素直でいられることが、ひとりひとりの豊かさかと社会の豊かさに繋がる

「感性の豊かな社会に繋がるビジネスの支援」をしながら、子育て、栽培、地球の時間を感じることを大切に活動をしています。

活動テーマ

 

感性で育まれる社会をめざして

あなたは感性を大切に日々を生きていますか?

日々の空を見上げ、時々かかる虹や夕陽に感動し、木々や花など季節や天気の移り変わりを感じ、子どもの成長を見守り、自身の心と身体を労り、関わる人たちとの豊かなコミュニティーと社会づくりを営み、未来を想い描く。

そんな毎日は、誰にとっても必要ではないでしょうか。

私たちの暮らす世界はとても便利になりすぎて、呼吸を感じる時間さえないほど忙しい毎日に追われています。
いまという時間を、もっと大切にしませんか?

社会問題が生まれるその原因も、ひとりひとりの感性が蔑ろにされた結果、社会全体の感性が低下していることにあるのではないでしょうか。
自分の中に生まれる曖昧で多様な感情をそっと見守る余裕もなく、結果や解決を急ぐ毎日の中で、自分を見失ってしまうことさえあります。

大人が感性を大切にすることは、子どもたちの感性を育むことに繋がり、社会の感性を多様にすることになります。
多様であればあるほど人との違いは個性となり、彩り溢れる社会が生まれるはずです。

あなたの未来を、いま生きよう。感性であなたの物語を描くお手伝いをする活動をしています。

dandorism -感性で描く未来への段取り- 

ビジネス

感性でビジネスにイノベーションを

NAGOYA WOMEN STARTUP LAB.(女性スタートアップ研究会)プログラムDay3【新しいビジネスモデル】

起業家/経営者の伴走者としてビジネスの成長を支援しています。

これまで約20社の起業・創業を経験し、多数の起業や経営の役員等に携わっていますが、スモールビジネスからNPO法人、上場企業などの形態は様々です。
主に、ITを使った新事業や人材開発に関わる事業、社会課題解決型のビジネスに携わり、現在は社会起業家(ソーシャルベンチャー)の支援にフォーカスをしています。

  • 社会課題とビジネスの両立を目指すマーケット志向の起業家を支援
  • 起業家自身の感性を最大に尊重し、感性を豊かにする社会を目指す事業を支援
  • 多数の起業経験と起業家支援による、起業家に最適なポジショニングでの支援

感性を豊かにする社会を目指す事業を支援することを通じ、日々、起業家と一緒に理想の社会に向けて歩んでいます。

現在関わっている事業の一覧

 

感性を育む社会環境

育児・教育

子育て・教育

最初に子どもが生まれてからまもなく10年。
夜泣きと布オムツに始まり、風呂に入れて歯磨きの仕上げ、寝かしつけから送り迎え、個人懇談からPTAまで、ガッツリと子と共に親が育つ時間を過ごしています。

人生でいただいた、せっかくの子育てという時間。感性が育まれる日々を過ごしたいとの思いから、東京を離れ自然と共に育つ環境へとUターンしてきました。
子育ての時間に向き合うことは、心が鍛えられ、その分だけ柔軟になり、子どもの感性を育もうとすると、一方で子どもに感性を鍛えられます。
子育ての環境こそが、親や大人にとって最大の学びの場ではないかとさえ、思えます。

感性を育み合う子育て(dandorism)

心と体の健康

心と体の健康

心理学、大脳生理学、EQ、ストレスやメンタルヘルス関連などに長く携わる経験により、感性や感情、行動特性についての領域に詳しくなりました。
また、野菜づくりや料理が好きなこともあり、健康についての関心がとても高いです。玄米発酵液玄米食毎朝の野菜ジュースにはじまり、肉の食べない生活にトライをするなどいろいろとやってきています。

心と体の段取り(dandorism.com)

 

感性で地球を感じる

野菜栽培生活

野菜を育てることは、生きることを学ぶことでもあります。
自然の中で生きていく意味、成長や支援とは何か、ダイバーシティや生物多様性の本当の意味、循環と影響のリアル…など。
机上の学びではなく、感性で日々接することを通じ、人生やビジネスへの捉え方や感じ方など自身の成長に繋がります。

感性も育つ、野菜も育つ「感性栽培ライフ」 (3181.jp)

地球に優しい生活

3R生活

「来た時よりも美しく」遠足でそんな事を言われたことがあるかもしれません。私たちが生きている現代のツケを未来に残していくことは、できればしたくありませんね。そもそもモノの所有を少なくし、使えるものを長く使い、壊れたら直し、再生できるものはできるだけ再生させていくことは、あたりまえのルールではないかと思っています。
コンポストや畑による堆肥化、地産地消(自家栽培)、グリーンカーテン、10年目のハイブリッドカー、高断熱高気密住宅などを取り入れています。